NEWS

OTTTオリジナルTシャツはこちら

こんどは聖地・織田フィールドで。

2019年6月9日日曜日。

オトナのタイムトライアルを代々木公園陸上競技場で開催します。
正式名称の代々木公園陸上競技場ではピンときませんか?
市民陸上競技の聖地・織田フィールドのことですよ。
正式名称は代々木公園陸上競技場。
愛称が織田フィールドなんです。

オリンピックを翌年にひかえ、陸上競技、 とりわけマラソンにこれまでない注目が集まってます。
オリンピック日本代表になるにはまずは9月に行われる MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)を勝ち抜かなければなりません。
夏のMGCで2名が決まり、来年のファイナルチャレンジで最後の1名が決まります。
たくさんの選手たちが記録や順位に挑み、 ようやく立てる舞台MGC。
当然、MGCに出場するだけではオリンピックに出場することはできません。
東京オリンピックではさまざまな競技が開催されますが、
「誰が出場するのか?」ということだけで、 これだけ日本中の話題になっている競技は他にはない。
この夏のMGCは日本中が注目するレースになることはまちがいありません。

オトナのタイムトライアルとは
もともと陸上競技や箱根駅伝が大好きだった人たちが集まって
市民ランナーもエリートランナーも超トップ選手の垣根を取り去って 一緒に作り続けてきたトラック・レース。
回を重ねていくうちに、箱根駅伝を走ったばかりの選手やオリンピックや
世界陸上の日本代表選手たちも一緒に参加していくレースとして育ってきました。

今回のオトナのタイムトライアルは
1000mのキッズラン、1500m、5000mの3種目。
そして、選手の走りをささえるボランティアたちも大募集します。
2020年東京オリンピックの最終競技はマラソン。
オリンピックが
終わったあと日本国中に
「走ること」「走ることを観ること」「走ることを応援すること」
という文化がレガシーとして残るような気がしてます。
このオトナのタイムトライアルもレガシーのひとつとして
残っていくような大会に育ってていきたい。
そう、運営スタッフたちも願ってます。

2019年6月9日聖地・織田フィールドにて
みなさんの参加をお待ちしております。

オトナのタイムトライアル事務局一同

2019.6.9(Sun) 大会概要

大会名 2019 オトナのタイムトライアル in 代々木公園(第9回 #OTT)
開催日時 2019年6月9日(日)
※雨天決行・荒天中止
※中止の場合は当日朝にSNSにて発表。
大会会場 代々木公園陸上競技場(通称:織田フィールド)
種 目 ①一般5000mタイムトライアル
②一般1500mタイムトライアル
③キッズ1500mタイムトライアル(小学4年生~6年生)
④キッズ1000mタイムトライアル(小学1年生~3年生)
And... ランナーへ向けたマナー啓発活動、会場のクリーンアップ活動
定員 合計1000名
参加資格 <①~④タイムトライアル>
①② 10kmを70分(もしくは5kmを35分)以内で走ったことのある方
③  対象学年(小学4年生~6年生)ならどなたでも参加可能です。
④  対象学年(小学1年生~3年生)ならどなたでも参加可能です。
<ランナーへ向けたマナー啓発活動、会場のクリーンアップ活動>
 どなたでも参加可能です。
※中学生以下の方は保護者同伴で参加してください。
※公益財団法人日本陸上競技連盟登録(陸連登録)は必要ありません。
<観戦>
出入り自由の無料となります。ぜひ声援を送りに遊びにきてください。
参加料 キッズ  2,500円
一般  3,000円
持ち物等 走りやすい服装、水分補給用の飲料
更衣室はございますが、スペースに限りがありますので譲り合ってご使用ください。
走行中の給水地点を一カ所設けますが、熱中症予防の為、飲料は多めにお持ちください。
主催等 主催:公益財団法人東京都公園協会 一般社団法人オトナのタイムトライアル
協力:公益財団法人日本陸上競技連盟
記録について 本イベントは公益財団法人日本陸上競技連盟の公認競技会ではありませんので、
記録は公認記録にはなりません。
お問い合わせ先 よくある質問をご確認いただき、フォームまで。

オトナのタイムトライアルが できるまで

volunteer ボランティアスタッフを募集します!

「走る」ことを支えること。これもオトナのタイムトライアル(OTT)の楽しみ方のひとつ――。

OTTを運営するようになって6年、心からそう思えるようになりました。

OTTの魅力のひとつが、ボランティアたちによる
ランナーファーストな運営と、熱い声援です。

そして

「陸上競技は未経験だけど、自分たちの声援や動きがランナーを後押しするのを実感できる」

「走らなくても、ランナーや<走る>という行為に近い距離でたずさわれる」

という口コミがじわじわと広がっていき、
毎回、100名を超えるボランティアたちが日本全国から集まってきてくれます。

もともと運営として関わっているスタッフも
箱根駅伝やトラックレースが好きな市民ランナーたち。
ひとりもレース運営のプロはいませんでした。
出場したランナーも一緒になって設営や片付けをするのも自然な流れでしたし、
そんなランナーの姿があったからこそ、ボランティアの輪がどんどん広まっていったのだと思います。

ボランティアとは「無料奉仕の労働力」ではなく、
「OTTの楽しみ方のひとつ」です。

今回もボランティアとしてOTTに参加する方を募集します。

過去のOTTやレース運営の経験の有無は問いません。
設営や運搬といった力仕事だけでなく、
受付や計測、そしてSNSでイベント実況をしたり、
その仕事の内容はさまざまです。
看護師や医師、トレーナーといった方々は
知識や技術を活かして参加することもできます。

今回、カメラボランティアも募集します。陸上イベントで、撮影をしている方々、気軽に応募をしてみてください。

今回も多くのボランティアスタッフの方々をお待ちしております!

オトナのタイムトライアル 一同


以下のリンクから、募集フォームへとお進みください。
・募集していただく前に以下の募集要項・注意事項をよくお読みください。
・募集フォームを送信した時点で本内容をご了承いただいたものといたします。

※携帯アドレスの着信拒否設定で連絡できない事が生じてます。なるべく携帯アドレス以外でご登録ください!

<募集要項>

今回は「6/3(月曜日)事前準備」「6/9(日曜日)開催日当日」について募集します。 お1人で複数の日を応募いただけます。

    ■6/3(月曜日)事前準備

  • 〇年齢条件:中学生以下は応募できません。未成年者は必要に応じて保護者の承諾を得てください。
  • 〇活動時間(予定):13:00~17:00(終了時間は多少前後する場合があります)
  • 〇集合場所:築地駅近辺。お手伝いいただく方には別途連絡致します。
  • 〇活動内容:ゼッケンや配布物の準備など。
  • ※応募後の流れ:お送りいただいた内容を確認させていただき、改めてメールでお返事いたします。
 

    ■6/9(日曜日)開催日当日について

  • 〇年齢条件:中学生以下は応募できません。未成年者は必要に応じて保護者の承諾を得てください。
  • 〇活動時間(予定):8:30~21:00(終了時間は多少前後する場合があります)
  • 〇集合場所:織田フィールド入場門の前に8:30分集合できる方。
  • 〇活動内容:募集フォームでご希望の内容を選択できますが、ご希望通りの内容になるとは限りません。
  • ※応募後の流れ:お送りいただいた内容を確認させていただき、改めて2週間前くらいまでにメールでお返事いたします。
     

<応募上のご注意>

  • 〇連絡用のメールアドレスは、なるべくPCアドレス(GoogleやYahooなどのアドレスを含む)を登録してください。携帯メールアドレスの場合は着信拒否の設定条件などで連絡が届かない場合があります。なお、応募フォームには2種類のメールアドレスを登録できるようにしてありますのでご活用ください。
  • 〇救護ボランティアをご希望された方には別途ご経験等をヒアリングさせて頂く場合があります。

<誓約事項>

  • 〇台風や大雨といった天候不順や地震、事故などで開催中止となる場合があります。
  • 〇日中の活動ですので、体調によっては熱中症になる恐れもあります。二日酔いなど健康状態がすぐれない場合は、参加を見合わせることも大事なことです。自己の責任において参加してください。
  • 〇陸上トラック保護のため革靴やハイヒールでの活動は禁止です。運動靴やランニングシューズなど、底の柔らかい靴での活動をお願いします。
  • 〇簡単な医療キットなど応急処置の用意はいたしますが、ボランティア活動中の病気や事故に対して一切の責任は負えません。
  • 〇天候不順や事故などにより、大会開催中に競技続行に支障があると主催者が判断をくだす場合があります。その際は主催者の指示にしたがってください。そして、円滑な競技運営にもご協力ください。
  • 〇競技中の映像・写真・記事・記録・申込者の氏名、年齢、住所(国名、都道府県名または市町村名)等のテレビ、新聞、雑誌等の印刷物及び、インターネットへ掲載されることがあります。掲載権と肖像権は主催者に一任されることをご了解ください。また、お申込時に入力したメールアドレスへ大会事務局のお知らせ事項をメール連絡することがあります。
  • 〇会場においての盗難・紛失等に対し、責任は負いません。持ち物も往復の交通費と食事や飲み物がかえるくらいの必要最低限の現金やカード等にコンパクトにしておくなどの対策をおすすめいたします。
ボランティア募集は定員となりました

FAQ よくあるご質問

【エントリーについて】

Q.初めてトラックレースにでます。自分のタイムがわからないのですが。
エントリー時の目標タイムは、あくまで「目標」ですので、正確なものでなくて大丈夫です。目安としてはいつものランニングコースでタイムをとってみるといいかもしれません。トラックはフラットだし、ペースメーカーもつくので、そのタイムよりもいいタイムが出ると思いますよ。
Q.ひとりで出場しようと思っているのですが、ちょっと不安です。
まったく心配いりません。ペースメーカー陣や同じ組になった方々同士、「頑張りましょう!」と 声をかけてみたり、「練習してますか?」「いやいや、全然できてないんです」とテスト前の学生のように牽制球を投げ合うのも醍醐味です。もちろんクールな表情で走り切って、パッと帰るのもありです。
Q.見学、応援だけでもいいですか?
大歓迎です! トラックレースの魅力を、手の届きそうな距離でお楽しみください。
Q.当日エントリーは可能ですか?
大変申し訳ありませんが、運営の都合上、今回の当日エントリーはございません。

【レースについて】

Q.雨が降ったら中止ですか?
雨天決行です。ただ、台風や雷など、明らかに危険であると事務局が判断した場合は、中止にする可能性があります。その場合、エントリー時にご登録いただいたメールアドレスにご連絡いたします。またエントリーフィーの返金ができないことをあらかじめご承知おきください。
Q.参加賞はありますか?
なるべくエントリーフィーを抑えたかったので、参加賞はご用意していません。
Q.途中でリタイヤしても大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。ただ、熱中症や脱水症状になる可能性もあります。体調がおかしいな、と思ったら、無理せずに勇気あるリタイヤを選択しましょう。そして、レース前日のアルコール摂取はなるべく控えてください。
Q.スパイクを履いて走ってもいいですか?
5000m禁止となります。1500mは着用可能です。
Q.どんな服装で走ればいいですか?
皆さんにお任せします。トラックレースなのでランニングシャツにランニングパンツが一番しっくりかもしれません。仮装もOKですが、エントリー時に書いていただいた「目標タイム」から著しく遅れるとレースを打ち切る可能性もありますので、走りにくい衣装はおすすめできません。
Q.トラックを何周するのですか? 自分が今、何周目かわからなくなりそうで不安です。
5000mは12周と半分です。1500mは3周と3/4、1000mは2周と半分です。周回表示機でお知らせしますし、ペースメーカーが教えてくれたりします。ただ周回遅れになった場合などは少し注意が必要かもしれません。
Q.トラックレースの「マナー」があれば教えてください。
2つだけ頭に入れておけばOKです。「①他の選手を抜くときは基本的に外から」、「②周回遅れになりそうなときは、速いランナーにインコースを空ける」。

【記録について】

Q.タイムは公認記録として認められますか?
10分の1までのタイム計測をしますが、審判員がいないので公認記録としては認められません。でも、きちんとしたトラックで正確に測ったタイムですので「自己ベスト(陸連非公認)」とツイッターやfacebookのプロフィールには書き込んでくださいね。
Q.時計はもっていった方がいいですか?
途中でタイムを読み上げることもしますが、ストップウォッチ機能がついた腕時計をしていたほうが、より正確に自分のラップタイムが把握できると思います。

【その他】

Q.どういう人たちがかかわっているのですか?
市民ランナー有志で立ち上げた企画です。多くのランナーの力で成立している大会ですが、言いだしっぺの3人は、「ほぼ日中年陸上部」の元メンバー、「Number」の編集者、そして他にもランニング大会を運営する「Puray」という会社の代表です。「Puray」の人だけがサラリーマンでないので代表になってもらいました。
Q.大会後に公式的な打ち上げはありますか?
我々は撤収作業もあり、「公式打ち上げ」はありません。同じ組を走った人で誘い合って、お互いの走りを振り返りながら「乾杯!」というのをそっとおすすめします。
Q.給水はスポーツドリンクですか?
東京のおいしい水(水道水)です。

Entry エントリーするには?

スポーツナビDoにて
2019年4月26日12:00より
エントリーが開始されます。

エントリーはこちら(スポナビDoへ)

毎回エントリー後の入金を忘れる方が多く、エントリー取り消しになるケースが多く見られますのでご注意ください。エントリーに関するお問い合わせについては以下のページをご確認ください。スポナビDOのお問い合わせページ